財務業績情報FINANCIAL AFFAIRS INFORMATION

業績レビュー

当社グループは中核事業である不動産販売事業において、『レ・ジェイド』『グラン レ・ジェイド』等の名称で首都圏・関西圏を中心に分譲マンションの販売を推進するとともに、複数の商業施設・商業底地、物流施設の開発・売却を行うなど、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けながらも着実に事業を展開しております。また、中部圏を首都圏・関西圏と並ぶ重点事業エリアとして位置づけ、2019年3月の名古屋支店開設後、複数の新規事業用地の取得や中部電力株式会社の100%子会社である中電不動産株式会社との共同事業に着手いたしました。加えて今後福岡県だけでなく九州全域においても多面的な事業を展開すべく、福岡支店の名称を「九州支店」と変更し、商業施設「シュロアモール長嶺」や九州エリア初の新規分譲事業用地を取得するなど、事業の多角化を推進しております。着実かつ積極的に事業展開をした結果、2020年12月期の業績は、以下のとおりとなりました。

(百万円)
当期
(2020年12月期)
前期
(2019年12月期)
前年同期比
(%)
売上高77,30872,1067.2
営業利益12,20212,912△5.5
経常利益11,16411,810△5.5
親会社株主に
帰属する当期純利益
7,6638,155△6.0

不動産販売事業

2020年12月期は、分譲マンション及び収益不動産の販売等を行った結果、売上高71,485百万円、セグメント利益14,257百万円となりました。

2020年12月期の業績に主に貢献した案件

【分譲】
・ミラキタシティ姫路
・グラン レ・ジェイド湘南江ノ島R134
・レ・ジェイド南茨木MUSE
・グラン レ・ジェイド等々力
・レ・ジェイド浜大津
・グラン レ・ジェイド自由が丘
・レ・ジェイド辻堂東海岸
・レ・ジェイド豊田マスターヒルズ
・レ・ジェイド甲東園
・レ・ジェイド樟葉
・レ・ジェイド東住吉 今川緑道
・レ・ジェイド高槻宮野町
・レ・ジェイド池田満寿美町
・レ・ジェイド西宮北口 樋ノ口町
・グラン レ・ジェイド夙川レジデンス
・レ・ジェイド美しが丘
・レ・ジェイド大倉山
・レ・ジェイド森ノ宮
【売却】
・トナリエ大和高田
・LOGITRES東条
・トナリエ栂・美木多
・豊島区南大塚
・堺市商業底地
・新宿区大京町
・分譲戸建
・世田谷区松原
・北区本庄西
・近江八幡市商業底地
・生駒郡商業底地
・向日市商業底地
・福岡県古賀市玄望園
  • グラン レ・ジェイド夙川レジデンス
  • レ・ジェイド大倉山
  • トナリエ大和高田
  • LOGITRES東条

2020年12月期中に着手した物件

  • ・レ・ジェイド森ノ宮
  • ・レ・ジェイド大倉山
  • ・レ・ジェイド大和高田駅前
  • ・レ・ジェイド須磨妙法寺駅前
  • ・レ・ジェイド武庫之荘本町
  • ・レ・ジェイド長居公園通
  • ・レ・ジェイド千里青山台
  • ・レ・ジェイド千里古江台
  • ・レ・ジェイド シティ瓢箪山
  • ・レ・ジェイド天王寺勝山
  • ・レ・ジェイド寝屋川公園
  • レ・ジェイド大和高田駅前
  • レ・ジェイド千里古江台
  • レ・ジェイド シティ瓢箪山
  • グラン レ・ジェイド夙川レジデンス
  • レ・ジェイド大倉山
  • トナリエ大和高田
  • LOGITRES東条
  • レ・ジェイド大和高田駅前
  • レ・ジェイド千里古江台
  • レ・ジェイド シティ瓢箪山

不動産賃貸事業

保有する収益不動産の賃料収入の増加を含めた資産価値の向上を図るべくリーシング活動及びプロパティマネジメント事業に注力しましたが、売上高5,527百万円、セグメント利益2,381百万円となりました。

保有物件・稼動中物件

  • ・コルテナⅠ(札幌市西区)
  • ・ヤマダ電機札幌白石店(札幌市白石区)
  • ・つくばQ't/MOG(茨城県つくば市)
  • ・つくばクレオ(茨城県つくば市)
  • ・ソヨカふじみ野(埼玉県ふじみ野市)
  • ・関西医科大学くずは病院(大阪府枚方市)
  • ・イオン南千里(大阪府吹田市)
  • ・堺市堺区大仙西Ⅰ(大阪府堺市)
  • ・尼崎市武庫元町(兵庫県尼崎市)
  • ・神戸市西区池上(兵庫県神戸市)
  • ・Oh!Me大津テラス(滋賀県大津市)
  • ・トナリエ宇都宮(栃木県宇都宮市)
  • ・ライオンズスクエア川口(埼玉県川口市)
  • ・シュロアモール長嶺(熊本県熊本市)
  • つくばQ't/MOG
  • つくばクレオ
  • ソヨカふじみ野
  • トナリエ宇都宮

今後も安定収益事業として位置づけ、 資産価値の向上と更なる収益への貢献を 図ってまいります。
※商業開発事業へ
http://asset.es-conjapan.co.jp

不動産企画仲介コンサル事業

企画力、多面的な事業構築力を最大限に活かし、企画コンサル等の業務受託等に積極的に取り組みましたが、売上高295百万円、セグメント利益152百万円となりました。
当社の強みである、企画力、情報収集力を駆使し、不動産企画仲介コンサル等フィービジネスの強化にも努め、事業間でのシナジー効果を最大限に発揮させる事業展開に注力してまいります。

Investor relations / IR・投資家情報