財務業績情報FINANCIAL AFFAIRS INFORMATION

業績レビュー

当社グループは中核事業である不動産販売事業において、『レ・ジェイド』『グラン レ・ジェイド』等の名称で関西圏、関東圏で分譲マンションの販売を順調に推進するとともに、商業開発事業においては、複数の商業施設の底地取得に加え、 新たな事業分野として物流施設の事業用地の取得や、土地区画整理事業への参画等、着実に事業の多角化を推進しております。昨今のインバウンドニーズに応えるホテル開発事業にも注力し、札幌、金沢、東京、大阪、福岡において 既に17プロジェクト(2,118室)の事業を推進し、当期においては8プロジェクトが開業しました。着実かつ積極的に事業展開をした結果、2018年12月期の業績は、以下のとおりとなりました。

(百万円)
当期
(2018年12月期)
前期
(2017年12月期)
前年同期比
(%)
売上高53,90044,72420.5
営業利益11,5007,04263.3
経常利益10,4505,98874.5
当期純利益7,2265,45632.4

不動産販売事業

2018年12月期は、分譲マンションの販売を促進したこと及び販売用不動産、仕掛販売用不動産の販売等を行った結果、売上高50,519百万円、セグメント利益12,341百万円となりました。

2018年12月期の業績に主に貢献した案件

【分譲】
・フィールガーデン南千里
・レ・ジェイドサザンゲート豊田
・レ・ジェイド川崎
・レ・ジェイド南森町
・グラン レ・ジェイド岡本
・レ・ジェイド長岡京
・グラン レ・ジェイド渋谷富ヶ谷
・グラン レ・ジェイド自由が丘
・レ・ジェイド中野
・レ・ジェイド ビオ船橋北習志野
【売却】
・千代田区隼町
・中央区北久宝寺町
・中央区淡路町Ⅰ
・中央区淡路町Ⅱ
・大阪市北区鶴野町
・金沢市堀川新町
・新宿区若松町31
・中央区南船場Ⅲ
・渋谷区千駄ヶ谷5丁目
・福岡春日

2018年12月期中に着手した物件

  • ・レ・ジェイド高槻古曽部
  • ・グラン レ・ジェイド高槻天神
  • ・レ・ジェイド長岡京
  • ・グラン レ・ジェイド自由が丘
  • ・グラン レ・ジェイド湘南江ノ島R134
  • ・レ・ジェイド中野
  • ・レ・ジェイド ビオ 船橋北習志野
  • ・レ・ジェイド須磨海浜公園
  • ・レ・ジェイド新金岡パークフィールズ
  • ・レ・ジェイド樟葉
  • ・レ・ジェイド大津LUXE
  • ・レ・ジェイド浜大津
  • ・レ・ジェイド南茨木ミューゼ
  • レ・ジェイド川崎
  • グラン レ・ジェイド渋谷富ヶ谷
  • 中央区北久宝寺町(ホテル)
  • レ・ジェイド ビオ 船橋北習志野
  • グラン レ・ジェイド高槻天神
  • レ・ジェイド大津LUXE

不動産賃貸事業

保有する収益不動産の賃料収入の増加を含めた資産価値の向上を図るべくリーシング活動及びプロパティマネジメント事業に注力した結果、売上高3,400百万円、セグメント利益2,128百万円となりました。

保有物件・稼動中物件

  • ・ヤマダ電機札幌白石店底(北海道札幌市)
  • ・つくばQ't・MOG(茨城県つくば市)
  • ・ソヨカふじみ野(埼玉県ふじみ野市)
  • ・掛川市南1丁目プロジェクト(静岡県掛川市)
  • ・トナリエ栂・美木多プロジェクト(大阪府堺市)
  • ・堺市堺区大仙西町プロジェクト(大阪府堺市)
  • ・イオン南千里(大阪府吹田市)
  • ・関西医科大学くずは病院(大阪府枚方市)
  • ・寝屋川市打上高塚町プロジェクト(大阪府寝屋川市)
  • ・トナリエ大和高田(奈良県大和高田市)
  • ・生駒郡斑鳩町龍田西プロジェクト(奈良県生駒郡)
  • ・向日市上植野町プロジェクト(京都府向日市)
  • ・近江八幡市小船木町プロジェクト(滋賀県近江八幡市)
  • ・神戸市西区池上プロジェクト(兵庫県神戸市)
  • ・尼崎市武庫元町プロジェクト(兵庫県尼崎市)
  • ・ひょうご東条インターパーク物流施設(兵庫県加東市)
  • トナリエ大和高田
  • トナリエ栂・美木多プロジェクト
  • つくばQ't/MOG
  • ソヨカふじみ野

今後も安定収益事業として位置づけ、 資産価値の向上と更なる収益への貢献を 図ってまいります。
※商業開発事業へ
http://asset.es-conjapan.co.jp

不動産企画仲介コンサル事業

企画力と多面的な事業構築力を最大限に活かし、企画コンサル等の業務受託等に積極的に取り組んだ結果、売上高405百万円、セグメント利益369百万円となりました。
当社の強みである、企画力、情報収集力を駆使し、不動産企画仲介コンサル等フィービジネスの強化にも努め、事業間でのシナジー効果を最大限に発揮させる事業展開に注力してまいります。

Investor relations / IR・投資家情報