ESGの取り組みACTIVITIES

GOVERNANCEガバナンス

企業の不祥事は、社会的信頼を失墜させ企業存続の脅威となりかねません。社会から信頼される企業であり続けるため、コーポレートガバナンス・コードを見据えた全社的ガバナンス態勢の強化を図り、適切な情報開示に努め、経営の客観性・透明性を確保してまいります。

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス(企業統治)に関する基本的な考え方

当社の企業活動は、お客様、株主の皆様、取引先企業の方々、地域社会等、多くのステークホルダーに支えられて成り立っています。今後も当社はステークホルダーから信頼される企業であり続けるため、コーポレート・ガバナンスの充実を重要な課題と認識し、取り組んでいきます。法令等により求められる取締役会、監査等委員会に関する機能はもちろんのこと、外部監査・内部監査の実施により、経営の効率化および透明性の向上に努め、企業の社会的責任を果たしてまいります。


また、当社は、取締役の指名、報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観性及び説明責任を強化することを目的として、取締役会の諮問機関として「指名・報酬諮問委員会」を設置しております。

現在の委員は4名、内3名が社外取締役(さらに内2名が独立社外取締役)で構成されています。

指名・報酬諮問委員会は、監査等委員である取締役以外の取締役および監査等委員である取締役の選任および解任に関する株主総会議案の原案や代表取締役、役付取締役および執行役員の選定・解職の原案、業務執行取締役の職務分担の原案およびこれらに関する基本方針の原案を決定し、後継者計画に関する事項等を審議いたします。

最高経営責任者を含む経営陣幹部については、毎年、業績目標に対する達成状況等、業績評価を行い、それに基づき再任の適否につき審議いたします。

報酬に関しては、監査等委員である取締役以外の取締役の個人別の報酬額を決定することとし、報酬の決定方針等についても審議し、その原案を決定することとしております。


当社はコーポレート・ガバナンス・コードの各原則をすべて実施しております。

コンプライアンス(法令遵守)の徹底

企業倫理の実践と企業の社会的責任(CSR)の実行を表明した「企業倫理行動憲章」に基づいて、役職員が法令・定款及び社会規範を遵守した行動をとるための行動規範として「コンプライアンス行動規範」及び「コンプライアンス・マニュアル」を定め、徹底を図るための体制を「コンプライアンス規程」にて定めています。その実践として、コンプライアンス担当役員の指示のもとで、担当部署が社内各部署と連携してコンプライアンスの徹底を推進しています。

ステークホルダーとのコミュニケーション

株主様とのコミュニケーション

ホームページでのタイムリー・ディスクロ―ジャー 、年1回の株主総会のみならず、決算説明会の開催、国内・海外での個別IRの実施等株主様との対話の機会作りに努めております。


IRポリシー

お客様・お取引先様とのコミュニケーション

当社は「ライフ・デベロッパー」として、安心・安全・快適な商品作りに取り組んでいます。

また各部署から選抜された「CS委員会」を設置し、顧客満足度の向上に努めております。

従業員とのコミュニケーション

「内部通報制度」や「職場環境アンケート」等従業員との対話の機会を作り、ハラスメントやコンプライアンス違反を未然に防ぐ、または早期に対応する体制を整えております。

リスクマネジメント

当社のリスク管理の基本方針を「リスク管理規程」に定め、リスクが発生した時の対処方法を「危機管理規程」に定めております。

開発事業に伴うリスクについては、週1回取締役と部署長をメンバーとして開催する「本部会議」等において、すべての事業リスクを詳細にチェックし、対応方針を決定しています。

また事業リスクや法務リスク等の審査手法と体制を整備すると共に、不動産売買契約他の重要な契約締結に際しては、開発事業部門、管理部門、社長により重畳的にリスクをチェックしております。

組織横断的なリスク状況の監視及び全社的情報共有は、週1回開催する「リスク管理委員会」で行っております。リスク管理委員会では、コンプライアンスリスク、法的リスク、労務リスク、安全管理リスク他多岐に亘るリスクについてタイムリーな情報共有と対応方針の決定に努めております。

About us / 日本エスコンについて